ルーズアレンジって適当にってなんやねん!!を明確にしてみる!!part②

ルーズアレンジって適当にってなんやねん!!を明確にしてみる!!part②

[blogcard url=”http://mashu-blog.com/machela/2909/”]

ルーズアレンジって適当にってなんやねん!!を明確にしてみる!!part①の続き

 

手描きで失礼します☆

(ガッツリ昭和生まれなので耳の穴は6です?)

?この二箇所‼️?

このたった2つのポイントを残すだけなんです!

まずは、もみあげ部分の毛です。

そしてコメカミ部分の毛。前髪の横あたりです。

この二箇所を残し 残った髪の毛を後ろに一つに結びます。

そして、このもみあげの毛を1と2のように半分はそのまま、2の半分ひ耳にかけます。

これでおくれ毛の完成です‼️

(この時コテを巻くと柔らかいイメージに、巻かずストレートのままだと大人っぽいクールなイメージになります。)

3束のおくれ毛が自然に完成したはずです?

耳に半分かけることで、耳後ろのおくれ毛が自然にできるのです?

③耳上3/1を毛が通る

これはどういうことかというと、ルーズアレンジと間逆の結び方をすると、耳周りもピシッとたるみなく結ぶことになります。

が、ルーズアレンジの場合、このたるみをあえて作ることがバランスよく仕上げます。☺️

上の写真を解説すると、最初結んだ状態では耳周りが丸まるでていたのですが、
耳上3/1に髪の毛を少しずつ引っ張り、たるませたのです☆

これもまたルーズ要素たるものです?

そして、④後頭部にボリュームあり

日本人は骨格上、後頭部にボリュームがでにくいです。
なので、擬似的にだします!
そうすることで横から見た時、頭の形がすこぶるよく見え、さらに小顔効果、顎をシャープにみせるという効果まで発揮します‼️?

まずはくくった髪の毛をの根元(ゴムの部分)を片手でもつ。(ゴムが緩みすぎないように)
5㎜の細い束を指先でつまみます。
その細い束を2㎝引っ張りだします。
それを後頭部に5筋!✋

(この5㎜と2㎝は自分では見えないのので、この気持ちでというところです?)

もうルーズアレンジ完成まであと一歩‼️

が、ここで一つ言い忘れていました。?

今回はルーズアレンジの明確化をテーマにしているのですが、うしろに結んだ所は一つ結びでも、三つ編みでも、お団子でも問題ありません?✨
なので、今回はうしろの部分については深く突っ込まずにいかせていかせていただきます?

(また次の機会にその辺もお伝えしていきます☺️)

では続きを…

ラスト⑤おくれ毛の艶‼️ツヤ‼️

これは一手間ですが、かな〜り重要です???

お客様のお声でもあったように、
☆ボサボサになる
☆疲れた感じになる

というこのワードを最後に消してくれるのが、

艶‼️✨です?

工程②で出したおくれ毛ですが、その時はよくても、時間が経てばバラついていきます。???

そしてバラついたおくれ毛たちは、パサつきに見え、疲れた感じをだすのです…?(汗)

艶を出すためには、トリートメント剤や、ワックス、ジェル、いろんなものが使えます✨

わたし個人的には艶を維持するというトコロから、いつもプロダクトというシアバターを使います☺️

シアバターは1日艶が持ちます!

そして、おくれ毛は顔まわりや首元など、お肌に触りやすいところなので、シアバターのようなハンドクリームにもそのままできるオーガニックのお肌に優しいものをオススメします☆


ルーズアレンジの最後には艶を出す、パサつかせないためのスタイリング剤をおくれ毛につけます☺️

これでボサボサと疲れた感じからはサヨナラです?✨

今流行りのルーズアレンジ、このルーズルールfive✋のステップをふんでいただけば、必ずできます‼️

よければご参考に試してみてください♡

そしてまたやってみて、ここがさらにわからないなど、そういうお声をどしどしお待ちしております☺️

最後まで読んでくださりありがとうございました?

イヨでした?

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

 

web予約はこちら

各店舗のお問合せ・web予約はこちら

MASHUオンラインショップ

オンラインショップはこちら

 


フォローよろしくお願いします!

Machela店カテゴリの最新記事